ホーム > ヨガインストラクター養成講座 > ヨガインストラクターティーチャートレーニング(解剖学シリーズ)

ヨガインストラクター養成講座

〜応用コース〜

MUKTAの解剖学TTシリーズの特徴

現存のヨガトレーニングで解剖学を嫌になったりするのには様々な理由があるようです。例えば、解剖学という名目であるのに実際には、バンダやチャクラというような言葉が出てきてよくわからなかったり、難解なだけの内容を時間一杯、力技のような形で聞かされ、最終的には丸暗記しなければいけなかったり、頑張って暗記してみたにも関わらず、覚えた解剖学の知識がクラスでまったく使い物にならなかったりと、このような理由で解剖学から離れしまうようです。

解剖学シリーズでは、

ヨガ・柔道整復師・スポーツトレーナーとしての目線で培った私の経験と、医学書や解剖学の本からより分けをして、その中から選びだした骨や筋肉、神経についての知識を、色々な角度から頭と身体に残して頂く時間を目指していきます。

 

・筋肉の形、働きを覚えて、アーサナへ繋げましょう

骨、筋肉、神経の理解を深めることで、どこの筋肉を柔らかくしたら良いのか?どの筋肉を強くしたら良いのか?がわかってきます。アーサナの特徴と効果を解剖学的視点からアプローチし最大限の効果を得ていきます。

 

・痛みの原因を探って調整してみましょう

日常生活の中で、気をつけたいケガなど、ヨガ解剖学というジャンルから一歩外の分野に出て、治療的な側面からも身体やアーサナを見つめてみましょう。ヨガは、セルフ整体のようなものだと思っています。きちんとしたアーサナの中では、治療的な側面も感じられることでしょう。身体のことを深く理解すれば、今どうすれば身体の痛みがとれるのか?今自分はどうしたいか?が見えてきます。

 

・お客様の様々な要望に応えましょう

「アーサナを上達させたい」「急に腰が痛い」「手が上がらない」「柔軟性を高めたい」などの様々な期待を胸にレッスンに来られます。そんなお客様の要望に応えるように、実際の体験談を交えながら講義を行います。そして、自身でも効果を実感し、確かめながら知識を深めていきます。

 

スライド1.JPG

スライド2.JPG

スライド3.JPG

スライド4.JPG

スライド5.JPG

ファイルダウンロード.jpg